情報管理対策

顧客会社と弊社間での秘密保持契約(NDA)の締結

取引先の会社が持つ秘密の情報を弊社に提供する際に、他者に漏らしたり不正に利用されたりすることを防止するためにNDAを締結します。

バーチャルデスクトップ(VPC社)での作業を徹底

仕事に関わる全ての作業はもちろん、データの保管もバーチャルデスクトップ内のフォルダで行います。バーチャルデスクトップ上では自動的に最新のセキュリティシステムによる管理がされています。個人のパソコン上での作業はありません。

業務用のアカウント使用の徹底

顧客会社間、社内で使用するものは個人のものではなく業務用のメールアドレス、アカウントで行うことを徹底しています。

パスワードの受け渡しはBitwardenを活用

「BitWarden」はユーザーが保存するIDやパスワードなどのデータを、すべて暗号化した後にクラウド上に保存されるオープンソースのパスワード管理ツールです。

印刷文書破棄の徹底

保管が必要な文書はすべて電子化し安全なバーチャルデスクトップ上に保管することとし、納品後には削除します。不要な印刷文書は業務終了後破棄することを徹底しています。

社内での取り組み

社内における情報セキュリティ教育を実施

セキュリティ事故の多くの要因を占めるのが人為的なミスだといわれています、そういったヒューマンエラーを減少させるためにスタッフ全員にセキュリティ教育を定期的に実施しています。

ドキュメント保存に対する管理を徹底

業務にて使用するドキュメントの個人PCでの保存、会社で指定するインターネットストレージ以外の保存、また外部記録媒体(USBなど)の社内への持ち込みを禁止しています。

公共Wifiの接続を禁止

自宅以外で作業を実施する場合において、VPCのデスクトップ上の作業であれば公共Wifiを利用したとしても情報漏洩は阻止できますが、個人のPCを守る観点より、公共Wifiへの接続はしないよう注意喚起をしています。万が一接続した場合でも、VPC上は全ての情報が暗号化されているので危険はありません。