代表メッセージ

私は、二人目の子供の出産を機に、10年間勤めた外資系金融機関を退職しました。 地方出身で頼れる親も近くにおらず、主人も多忙な仕事を抱えており、フルタイムの仕事と2児の子育てを両立 することの難しさを実感したからです。仕事のパフォーマンスを落とさずに母親としても子供にベストを 尽くすことの困難さ、仕事に70%、育児に70%、トータルで100%以上のエネルギーを費やしても、 仕事も育児も思うほどの成果が上がらないモヤモヤした日々を過ごしておりました。そんなある日、ママさんを対象としたセミナーに参加した際にスピーカーの方が仰られた、仕事も育児も 完璧にこなせる人なんていない、スーパーウーマンばかりじゃないという一言で、多くの参加者が同調し 会場に一体感が生まれたのです。多くのママがそのように感じているのならば、そのママ達が無理なく 自分らしさを失わずにのびのびと働ける環境を作る必要性があると強く感じました。ママたちが、仕事で培ってきたスキルや、子育てを通じて養われた能力を生かし、社会に貢献するという、金銭 を稼ぐという目的だけでなく、社会人としての義務をそれぞれのペースで果たしていくことは、ママの自信に 繋がり、ひいては家庭もうまく回っていくのではないかと考えます。今政府も推進しているリモートワークを 通じて、もう一度自分らしく社会で活躍したいと賛同してくださるママ達を幅広く募集しております。

 

                          アンドアシスト代表

德丸2

問合せフォーム


    個人情報の利用目的、取り扱い等について同意する